パッチアダムスワークショップ2011 IN 名古屋 講演会のお知らせ

パッチアダムス講演会 2011年名古屋

パッチアダムスが名古屋にやってきます!

6月5日 11時より150名の参加者を集い、4時間のワークショップを行います。

現在、ご家庭でケアに従事されているかた、ケアについて日頃向き合ってみえる、医療関係者・教育関係者のかたのみならず、パッチアダムスにご興味を持たれている方であれば、どなたでもご参加いただけるワークショップです。

NPO法人日本ホスピタルクラウン代表 大棟耕介よりご挨拶

大棟耕介 クラウンK

パッチとは、2004年に彼の自宅にインタビューをしに行ったのがきっかけで、 交流が始まりました。その後、彼のロシアのツアーに4年参加させてもらいました。

そして昨年はワールド・クラウン・フェスティバルに招待し、 たくさんの方に喜んでいただきました。 私はロシアで一緒に小児病棟をまわり、彼のパフォーマンスを見て驚きました。 彼のパフォーマンスは、「愛」でした。それは私にとって「気付き」になりました。

全ての日本人に彼を知ってもらいたい。 彼の優しさに触れ、今日本に一番必要な「お互いを思い合う!お互いに支え合う!そしてその喜び」を 知ってほしいのです。

当日僕もその場にいます。 一緒に体感しましょう!

 

 

NPO法人 日本ホスピタルクラウン代表 大棟耕介

パッチアダムスワークショップへのお問い合わせはこちらから
パッチアダムス

講師紹介:パッチアダムス

本名:ハンター・アダムス

●1945年5月28日アメリカワシントン生まれ。

●1964年、ジョージワシントン大学医学部入学。

●1967年にバージニア医科大学入学。卒業後1年間の小児科研修を経て、1971年より仲間と「愛とユーモアの無料の病院」“Gesundheit Institute(ゲズンハイト・インスティテュート)”を設立。現在、無料で診察する共同体形式の病院建設に向けて活動中。世界中の国々で講演や支援活動を行い、医療関係者だけでなく、身体や心の病気の方、引きこもりの方、介護問題や人間関係に苦しんでいる方に前向きな行き方を伝えている。1998年公開のロビン・ウィリアムスがパッチ役を演じた「パッチ・アダムス」は彼の著書からの実話を基に、若き日のパッチ・アダムスを描いた作品である。

パッチアダムス ワークショップ 開催日時

日時: 2011年6月5日(日 )11:00~17:00 (内1時間休み)

会場: 名古屋第一赤十字病院 東棟2階 内ヶ島講堂

名古屋市中村区道下町3-35 052-481-5111)

定員: 150名

参加費: 15,000円(学生12,000円)

主催:  日本ホスピタル・クラウン協会

TEL: 052-483-7789

Mail: clown@hospital-clown.jp

後援  有限会社プレジャー企画 NPO法人 ゆいめど

パッチアダムス ワークショップ当日の流れ

1. パッチ・アダムス氏のお話

今回は、「ケアをする喜び」がテーマです。 誰でも一人で生きていけません。たくさんの人にケアされて、ケアをして生きています。 ケアできることは幸せなことですが、献身的な活動は時に疲れを感じます。 ケアをする事は、ケアをされる事は、幸せなことだと気づけるお話です。

2. 身体を動かすワークショップ

パッチアダムス氏が指導します。激しい動きはしませんが、人を感じる・人に興味を持つ・人から受ける影響などを体感してもらいます。

3. 質疑応答(一つ一つ丁寧に、パッチアダムスがお応えします。)

※ パッチ氏の状況により、若干の変更があります。

パッチアダムスワークショップへのお申込みお問い合わせはこちらから

お申し込みについて

メール・電話によるお申込みをいただきましたら、お振込等の詳細を記したものを書面でお送りさせていただきます。 お振込の確認が出来次第、ワークショップへの申し込み完了となります。

お申込みはこちら

FAXでのお申込みはこちら:

店頭でのお申込みはこちら:〒453-0804 名古屋市中村区黄金通3-27-1

お申込みフォームはこちらから

TEL: 052-483-7789 担当:岩元

Mail: clown@hospital-clown.jp

NPO法人 日本ホスピタル・クラウン協会 〒453-0804 名古屋市中村区黄金通3-27-1 TEL:052-483-7789